印刷用の原稿を作ろう!【データ作成編】

こんにちは(*'▽')

カスタマーセンター スタッフYです。

 

前回の記事では、アルバムを作るにあたっての下準備までを解説させて頂きました。

今回はいよいよ印刷する為の原稿データを作っていきますよ~!!

 

Y
大変お待たせしてしまい、申し訳ございません…(´;ω;`)

 

テンプレートの中に写真を配置する

 

画像フォルダの中に保存してある写真を配置していきます。

 

 

表紙なので、どの写真を使うか悩みどころですね。

でも、自分の直感や感覚を信じて好きな写真を選んで下さいね( *´艸`)

 

…。

 

 

……。

 

 

………。

 

 

どーん!!!

 

 

どうも~~私です~~~!!!

 

H
何してるの~!!悪ふざけがすぎますよ!!

K
自分の直感を信じた結果この写真なの…( ゚Д゚)

 

いや、まぁ、インパクトは大事ですからね!!

皆さんの心の声が色々聞こえる気がしますが、細かい事は気にせず進めていきましょう!!(ここ重要)

 

写真を配置する位置を調整する

 

ど真ん中に写真が配置されましたが、今のままでは表紙・裏表紙両方にかかってしまっている為、位置を調整しましょう。

今回は右綴じで作りたいので、表紙にしたい写真をテンプレートの左側に移動させます。

 

 

前編の記事で引いたガイド線を目安に、バランスを調整すると良いと思います(*'ω'*)

 

センターから右側には、裏表紙用の画像を配置します。

敢えて画像を入れないシンプルなデザインにされる方もいらっしゃいますね。

 

表紙にタイトルを入れるのであれば、任意の位置に配置して下さい。

もちろん、タイトルがなくてもOKです!

 

タイトルなしの場合は、「表紙に文字のないデザイン」だという旨を、発注画面の備考欄に書いて下さいね!

 

 

本のタイトルを入れる場合は、表紙の任意の位置に入れるのが一般的でしょうか。

そして…こちらの画像では奥付を裏表紙に入れていますが、もちろん裏表紙でなくても本文中や表紙2-3に入れて頂いて構いません。

別で奥付ページ用のデータを作るのが間に合わなかったなんて決してそんな事は…

奥付についてはまた改めて説明させて頂きますね。

 

 

表紙の作り方は、プリントキングのホームページ内にも詳しく載っていますので、参考にしてみて下さいね!

表紙原稿の作り方

 

本文データの作り方は??

 

基本的には、本文も作り方は同じです。
表紙のテンプレートは、表紙と裏表紙を繋げた状態で作成して頂くようになっていますが
本文のテンプレートは1ページ分となっています。
それ以外は大きく変わらないので、使用したい画像を好きなように配置していきましょう♪

 

文字を入れたりするのもオススメです◎

 

23_レイアウト

 

私は写真をたくさん並べていますが、1ページに1枚の写真を載せるのもアリだと思います(*'▽')
先程も言いましたが、自分の直感や感覚に従って作って下さいね!

 

慣れてくると背景を入れてみたり、写真の角度を変えたりも出来ますよ~!

 

 

鬼の上長…??誰が鬼なんですか???

そんな事どこにも書いていないですよ疲れてるんじゃあないですか?(棒)
そんなこんなで着々とデータが出来上がってきましたよ~~~!
完成はもうすぐです♪
…が、今日のところは一旦ここで区切ります( ˘ω˘ )

 

 

皆さんも原稿を作る際はきちんと休憩を取って下さいね('◇')ゞ

きれいにまとまった…のかな?( ˘ω˘ )
おすすめの記事