|ω・)こんにちは、カスタマーセンター スタッフYです。

またもや大変間が空いてしまいましたね…すみません(ノД`)・゜・。

 

前編中編に続きまして、ついに「写真を形にしよう」シリーズも今回で最終回を迎えます。

 

当シリーズを読んで下さった皆様に、少しでも

「写真集作ってみよう」

「作品集作りたいな」

「作り方が分からなかったけど作ってみようかな」

と思って頂けていたら嬉しいです。

 

それでは早速、完成に向けてラストスパートいきますよ~~!!

 

データ入稿の前に確認したい事

奥付を忘れないでくださいね!!

 

奥付とは何か?

奥付とは、本の作者タイトル印刷者発行日連絡先などを記載した部分のことです。

本を発行するということは、たとえ個人であっても発行責任というものが生じます。

この責任について、「私には発行責任がありますよ」という意思を表示するのが奥付です。

 

当社ではすべての冊子に奥付が必要とし、奥付のないものはデータ不備としてお客様に修正していただいています。

(成人向けジャンルでなくても奥付が必要です)

 

奥付に必要な4点

当社では、下記の4点を奥付に記載して頂くようにお願いしています。

 

  • 発行年月日 (年/月/日や年・月・日、○○年○○月○○日などの記載は自由です)
  • 作者名 (サークル名、ペンネームでも可)
  • 連絡先 (メールアドレスまたはHPのURLでも可。SNSアカウント名のみは不可
  • 印刷所名 (プリントキングもしくはPRINTKINGの表記)

 

 

 

いずれか1つでも欠けていた場合、データ不備とさせて頂いています。
-

プリントキングではSNSのIDのみはNGとしています。

 

最近は連絡先としてtwitterやPixivのカウント名のみを記載する方が多くなっていますが、当社ではこちらはNGとしています

連絡を取るために会員登録が必要なものは、連絡先としての有効性が低いと判断している為です。

 

ウェブ拍手などの匿名性が高いものも基本的にはNGとしていますので、ご注意下さい。

(メールフォームの設置がある場合は可)

 

メールアドレスやホームページのURLの記載をお願いいたします。

 

 

このように、印刷データ内のどこかに必ず奥付を入れて下さいね♪

 

実際の原稿のサイズと発注する原稿のサイズは合っていますか?

 

今回は、B6サイズ用の原稿を作りました。

注文画面でサイズを選び間違えないようにしてくださいね!

 

ご注文のサイズと原稿のサイズが異なっていると、データ不備としてご連絡させていただく事になります( ;∀;)

 

発注前に原稿サイズと発注する原稿サイズに相違がないか、しっかりと確認をお願いします('◇')ゞ

 

ページ数の数え方について

 

プリントキングでは

表紙表紙2(表紙の裏)・表紙3(裏表紙の裏)・裏表紙4ページ

本文ページ数足した合計ご注文ページ数とさせていただいております。

 

本文が24ページある場合は、ご注文ページ数は28ページになるという事ですね(*'▽')!

 

こちらもデータのページ数とご注文ページ数が異なる場合は、確認のご連絡をさせていただく事になりますので

数え間違えないようにして下さいね(;^_^A

 

ページ数についての不備例

 

◆パターン1

ご注文ページ数が16ページなのに本文データが16ページ分ある…!!
この場合は、表紙周り4ページ分がカウントされていない状態で発注されていますね。
本文16ページ+表紙周り4ページ=20ページとなる為
20ページで注文するのが正解です(^^)/
-
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━★
-
◆パターン2
※カスタマイズセット・カスタマイズカラーセットの場合
※ステプラセット・ステプラカラーセットは除く

ご注文は32ページだけど、ご入稿頂いたデータは本文と表紙を合わせて34ページ分ある…
この場合は、本文が30ページ+表紙周り4ページ=34ページとなる為
32ページのご注文ページ数をオーバーしてしまっています…。
-
こんな時はどうするのが正解?
-
A…36ページで注文し、表紙を含む総ページ数は34ページである事を発注時に備考欄へ記載する
B…32ページで注文し、34ページで印刷して下さいとゴリ押しする
-
( ˘ω˘ )…
-
( ˘ω˘ )……
-
( ˘ω˘ )………
-
-

Bは絶対違うよね…
-

ダメ、B、ゼッタイ!!
-

正解は、ズバリ「A」です!!!
-
プリントキングでは、料金表は4ページ単位で設定されています。
4の倍数でなくても、カスタマイズセットカスタマイズカラーセットの場合は
偶数ページであれば製本は可能ですが
-
例1)総ページ数が30ページの場合→32ページで注文し、30ページの冊子として製本
例2)総ページ数が74ページの場合→76ページで注文し、74ページの冊子として製本
-
こちらが正しいご注文の仕方となります。
※料金はご注文ページ数のままとなりますので、あらかじめご了承くださいm(_ _"m)
-
また、この場合は、発注時に備考欄へ2ページ少ない事を記載して頂けますと大変スムーズです。
ご注文ページ数よりデータのページ数が少ない場合、念の為「データの入れ忘れはありませんか?」と確認をさせて頂いております。
-
例3)総ページ数が30ページ→28ページで注文
例4)総ページ数が74ページ→72ページで注文
-
こちらのパターンはご注文の不備とさせて頂いております。
-
「ご注文ページ数を変更しての対応となりますが宜しいでしょうか?」
「料金の変更が発生致しますが宜しいでしょうか?」という風に
確認のご連絡をさせて頂く事になるため、データそのものに不備がなくても印刷に進む事ができません。
-
ご注文ページ数の確認を、しっかりとお願いいたします('◇')ゞ
-

もし分からなくなってしまったら、ご注文の前に一度ご相談下さい♪
-
◆ステプラセット・ステプラカラーセットの場合は注意!!

 

カスタマイズセット・カスタマイズカラーセットの場合は、偶数ページであれば製本が出来ますが

ステプラセットステプラカラーセットの場合は、4の倍数でないと製本が出来ません

 

・12ページで注文→「10ページで印刷希望です」

→出来ません。2ページ増やして下さい(印刷なしの白紙ページを挿入も可)

 

・24ページで注文→データが26ページ分ある

→ページ数をオーバーしています。2ページ減らすか、28ページ注文に変更して2ページ追加して下さい(印刷なしの白紙ページを挿入も可)

 

白紙ページを入れる場合は、ご自身でノンブルを配置した白紙のデータをご入稿ください
-
サイズ・ページ数がきちんと合っている事を確認したら、いよいよ印刷です!
(他にも確認して頂きたい部分は色々とありますが、また別の記事で改めてご紹介させていただきますね!)
どんな感じに仕上がるのか楽しみですね~♪
-

無事にアルバムが完成しました~!

\じゃじゃーん!/

すごく…たくましいです…。
-

『私はこのアルバムと記事を絶対に完成させるぞ!』という強い意志が感じられる表紙になったと思います!!
-

???

よく分からないけどいいと思います。
-
-
出オチ感しかない表紙はさておき、本文はこのような感じになりましたよ~(^^)/
どうでしょうか?
一言コメントも載せてみたりしました。
-
アップにするとこのような感じです。
こんな風に見開きページも作ってみましたよ~!
時々ご質問頂くので、見開きページの原稿の作り方もまた別の記事で解説出来たらいいなと思います(頑張る)
-
スマホのカメラで撮影した写真が本になるなんて…(ノД`)・゜・。
実際に作ってみると大変でしたが、仕上がったものを手に取ると何だかワクワクしますね♪
-
皆さんこんなに大変な思いをしながら原稿を作られているんだな…』という事も、自分が実際に冊子を作ってみて分かりました。
今回は写真でしたが、絵を描いたりストーリーを考えたり…時間もすごくかかりますよね。
そうやって皆さんが頑張って制作した原稿を、形にするお手伝いをこれからも続けていけたらいいなと思います(^^)/
-
3回に渡り、続いたシリーズですがこれにて完結です。
あまり大した事は書けていなかったかもしれません…
それにも関わらず、ここまで読んで下さった皆さん、本当にありがとうございました(*'▽')
-

他の研究員の更新も楽しみだなぁ

皆さんももっと色んなお話、見たり聞いたりしたいですよね??

楽しみだなぁ(大事な事なので二回言いました)
-
来年は、研究員総出でもっと色んな事を更新していけたら良いなと思います!!
こんなのが見たい!やって欲しい!等ありましたら、Twitterやメールで教えて頂けると嬉しいです(*'ω'*)
(感想も励みになります!もらえると、とっても嬉しいです!!ぜひお願いします!!!)
-
それではまた次の更新でお会いしましょう~(^^)/♪♪
おすすめの記事